貝と食中毒

貝によって食中毒が起こるのは意外と多く、その理由などは貝類が水の影響をとても受けやすいといいうことが原因になっていると思います。食中毒にならないために色々と調べていきましょう。

貝と食中毒とは?

食中毒とは?

貝とは切り離すことのできないのが食中毒ですが、貝によるものの原因はさまざまなものがあります。貝毒やウイルスによるものや海水に潜むプランクトンなどがあります。ほとんどの場合はプランクトンを食べる二枚貝によるもので、一枚貝や巻貝などでは貝毒が蓄積されることはありません。




流通している貝は大丈夫?

貝毒の発生が報告されていても、販売店では貝が普通に売られていますが、大丈夫なのかと不安になる方もいると思います!それは大丈夫です!きちんと検査されていていますので、店頭に貝毒のあるものは並ぶことはありません!貝毒が発生した地方でも規制解除になっていればその地域の貝を食べても大丈夫ですよ♪

貝毒の食中毒の症状は?

貝毒とは、貝が海中に潜む有毒なプランクトンを食べて蓄積してしまったことが原因になります。ではどのような症状が出るのか調べてみましょう。

麻痺性貝毒とは?

麻痺性貝毒の原因になるのはプランクトンの中にある自然毒になります。ホタテ・あさり・牡蠣などの二枚貝で起こり、食べてから30分位で口・下・顔面にしびれを感じはじめます。時間がたつにつれて、全身に広がり、重症になると呼吸困難や命にかかわることもあります。

下痢性貝毒とは?

基本的に麻痺性貝毒の時に紹介した貝のほかにホッキ貝などによって起こるものですが、食べたあと数時間で下痢や吐き気、腹痛などが起こります。こちらは麻痺性よりも症状がひどくはなりません。原因はやはり有毒プランクトンになります。

光線過敏症

日光に当たると顔が赤くなったり、腫れたりと痛みを伴います。これの原因はあわびのワタに含まれるクロロフィルが元で食べた次の日に位に起こります。季節性のもので2月〜5月に起こるものです。

テトラミン中毒

ヒメエゾボラ・などのツブ貝といわれる巻貝で起こる中毒になります。食べてから30分位すると酔ったような感覚になり、頭痛やめまいが起こります。これはテトラミン(唾液腺)を取ってから食べると大丈夫です。

バイ中毒

バイ貝はツブ貝よりも多くの毒をもち、食べると視力低下、瞳孔が開くなどの症状がでます。悪い時には命にかかわる場合もあります。

日本では事例が無い貝毒症状は?

神経性貝毒とは?

この貝毒の症状はブレベトキシン類によって起こるもので、貝を食べたあと数時間すると口の中が熱く感じたり赤くなったりという症状が出てきます。時間がたってくると酔ったような状態になります。

記憶喪失性貝毒

脳細胞が異常に興奮して状態になり、記憶をつかさどり海馬が壊されてしまい、下痢や嘔吐、腹痛が起こります。ひどい場合は記憶喪失や命にかかわることもあります。その原因はアミノ酸の一種のドウモイ酸によってのものです。

食中毒を予防するには?

貝の食中毒は貝毒によるものがあり、予防ということになると難しい部分があると思います。ツブ貝などにあるテトラミンでしたら、食べる前の処理によって食中毒は防げるたり、加熱すると大丈夫なものもあります。そのほかの食中毒の予防法を紹介します。

食中毒予防法

1、食品にキンをつけない!

  • 食品を調理する前は手をきれいに洗い、清潔な状態で調理しましょう。
  • 肉や魚を調理したまな板は必ず洗浄してください。

2、キンを増殖させない!

  • 食品は常温に保存しないで、冷蔵庫にて保存しましょう。
  • 常温の放置した食品はできるだけ食べないようにする。
  • 自然解凍はできるだけ避けるようにしましょう。

3、キンをなくす!

  • 食品を加熱するときは中までしっかりと火を通しましょう。
  • 使い終わったまな板やスポンジは熱湯をかけて消毒して、乾燥させましょう。
このページをブックマークする
Copyright 2007 oishi-kai.com All Rights Reserved.
サイトマップ
食べられる貝の種類
一枚貝 二枚貝 巻貝
貝を使った家庭料理
貝の注意点
サイト内検索