とこぶし

とこぶしを皆さんは見たことがありますか?私は名前を聞いたことも無く、いったいどんな形をした貝なのかと思い見てみると!あわびかなこれ?って、思うほど似ています!いったいあわびと、どこが違うのでしょう?では実際にとこぶしことを調べてみましょう!

とこぶしとは?

とこぶしとは、あわびと同じ仲間で北海道の南部から九州の北側の方面の浅瀬の海に棲んでいます。姿かたちもあわびとほとんど変らないのですが、大きさはあわびの子供くらいに小さいのです!わからない人が見るとあわびの子供と間違ってしまうかもしれません。とこぶしとあわびの違いを見ると、貝殻にある穴があわびは4個〜5個に対して、とこぶしは6個〜8個と多いところです!よく観察してみないと違いがわからないですね!また、とこぶしには別名があり、移動速度が流れているかのように速いので「ナガレコ」とも呼ばれています!

とこぶしの種類は?

とこぶしの仲間には「フクトコブシ」があります。フクトコブシは八丈島などの暖かい地方に生息しています。とこぶしよりも貝殻が深く、身も大きめになり、台湾からの輸入されているものが多いです。八丈島にてフクトコブシの別名があり、「アブキ」とも呼ばれています。

とこぶしの栄養は?

とこぶしは、あわびと似ていますが栄養素はちょっととこぶしが勝っている部分があります!それは、たんぱく質です!そのほかにもアラキドン酸やコラーゲンを多く含みます。ほとんどの栄養はあわびと類似していて、旨味成分のグルタミン酸やテレビでもよく聞くことの多いタウリン、ベタインなどの栄養素があります。また美容にもうれしいビタミン類も多く含まれています。

たんぱく質

たんぱく質は人間にとって無くてならないものです。皮膚・骨・筋肉・血液などを構成する成分で神経伝達物質も作られるのです。

アラキドン酸

必須脂肪酸の一種で、人間のからだを構成するための成分になります。年齢とともに減少し、食品などから摂取する必要があります。

タウリン

アミン酸の一種で、血液の中のコレステロールを下げる働きがあり、高血圧などの生活習慣病の予防にもなります。また肝臓の働きをよくし肝細胞を再生する力があります。

ビタミンB1

ビタミンB1が不足すると、エネルギーの代謝が悪くなり、疲労がたまりやすくなります。また足などのむくみやしびれの原因にもなり、集中力も低下してきます。

ビタミンB12

ビタミンB12が欠乏すると、貧血の原因にもなり、頭痛・めまい・吐き気などの症状が起こります。また。集中力などにも影響を与えます。

とこぶしのおいしい季節は?

とこぶしのおいしい季節は6月〜8月になります。とこぶしの漁の方法は素潜りになり、そうなると旬の季節は夏になってきます!とこぶしは、あわびよりも身が小さいこともあり、生でたべることが少なく、煮物にすることが多いです。あわびよりも落ちる?とも言われていますが、私は残念ながら、あわびしか食べことがありませんので残念ながら、とこぶしの味はわかりません。でも実は見た目ではわからないのであわびと思い食べているかも?

とこぶしのむき方って?

とこぶしのむき方は基本的にはあわびと変わりません。申し訳ございませんが、あわびのむき方を参照してください♪ところでとこぶしは、生で食べることが少ないのですが、別に食べられないわけではありません!とこぶしをお刺身で食べるとコリコリとしておいしいそうですよ!



コラム(とこぶしもです!)

あわびだけではなく、やはりとこぶしも勝手に取ってはいけません!基本的になんでも勝手に採ると「密漁」になりますので注意しましょう!各地にはさまざまな漁業権が設定されていています。漁業を営んでいる人たちには生活のための大切な現場ですので、それを汚してはいけません。マナーのある行動しましょうね!

このページをブックマークする
Copyright 2007 oishi-kai.com All Rights Reserved.
サイトマップ
食べられる貝の種類
一枚貝 二枚貝 巻貝
貝を使った家庭料理
貝の注意点
サイト内検索